コーポレートガバナンス

当社のコーポレートガバナンスの考え方

当社グループの経営理念

  • 「金融サービスを通じて、社会・経済の発展に貢献する」
  • 「金融サービスにおける革新者を目指す」
  • 「健全な事業活動を通じて、関わる全ての人を大切にする」

当社は、上記の経営理念を踏まえ、企業価値を向上させ、株主利益を最大化するとともに、ステークホルダーと良好な関係を築いていくためには、コーポレートガバナンスの確立が不可欠なものと認識しています。具体的には、以下の取組みを重視しています。

  • 社長以下、当社グループの経営を付託された取締役等が自らを律し、その職責に基づいて適切な経営判断を行う
  • 当社グループの営む事業を通じて、最適利益を追求する
  • 財務の健全性を確保してその信頼性を向上させる
  • 説明責任を果たすべく積極的に情報開示を行う
  • 社会の一員として当社に求められる社会的責任を果たす
  • 実効性ある内部統制システムを構築する
  • 監査役が独立性を保ち十分な監査機能を発揮する

なお、当社コーポレートガバナンス報告書には、下記事項の詳細を記載しています。

  1. コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方及び資本構成、企業属性
  2. 経営上の意思決定、執行及び監督に係る経営管理組織・体制
  3. 株主その他の利害関係者に関する施策の実施状況
    (株主総会の活性化、議決権行使の円滑化、IR活動等の取組み状況)
  4. 内部統制システムに関する基本的な考え方と整備状況


方針・ポリシー